「The International Workshop on Membrane in Kobe 2017(iWMK2017)」を開催しました

2017年11月28日(火)に「The Internaitonal Workshop on Membrane in Kobe 2017(iWMK2017)」を先端融合研究環統合研究拠点にて開催しました。

iWMKとは、神戸大学工学研究科先端膜工学センター(以下膜センター)が学術協定を結んでいる海外の膜工学研究機関(現在13機関)との国際交流事業であり、膜センターが中心となり毎年、神戸大学で開かれる国際ワークショップです。第4回目となる今年は8カ国13名が海外から招かれました。縮小松山研2.JPG

松山秀人教授(先端膜工学センター長)の挨拶の後、下記の講演者による最新の研究発表を統合研究拠点のコンベンションホールで行いました。中原大学(台湾)Yung CHANG教授による"R&D in anti-fouling membranes: Design, Development, and Application"、漢陽大学(韓国)Ho Bum PARK教授による"Towards role of two-dimensional nanomaterials for membrane world"、香港科技大学(香港)King Lun YEUNG教授による"Treatment of refractory pollutant by catalytic membrane reactor"、Institut Européen des Membranes (フランス) Dr. Sébastien BALMEによる"From Single Nanopores to Biomimetic Membranes : Applications in Energy, Health and Water Treatment"、バンドン工科大学(インドネシア)Dr. Helen JULIANによる "Process Optimization and CaCO3 fouling study in Submerged Vacuum Membrane Distillation and Crystallization (SVMDC)"、神戸大学大学院 荻野千秋教授による"Role of membrane for separation and concentration in biorefinery"、マレーシア工科大学(マレーシア)Ahmad Fauzi ISMAIL教授による"Development of novel photocatalytic membranes: Catalyst synthesis routes, membrane preparations, and applications" 、シドニー工科大学(オーストラリア)Ho Kyong SHON教授による"UTS Membrane Research Activities"、ビクトリア大学(オーストラリア)Mikel DUKE教授による"Current membrane research at Victoria University"、浙江大学(中国)Zhengbao WANG教授による"Facile preparation methods of zeolite membranes"、そして神戸大学大学院 松山秀人教授による"The MaFTech's 10th Anniversary Special Speech: the ten years and the next decade"、海外の膜工学研究機関より9名、そして神戸大学から2名が講演を行いました。各講演後には質疑応答の時間を設け、活発な議論が交わされました。

ワークショップ後、同施設内ラウンジにて懇親会を行いました。リラックスした雰囲気の中、更なる交流を深める事ができました。

次回のiWMK2018は5周年の節目となります。今回のワークショップを契機に膜センターと海外の膜工学研究機関とのより発展した共同研究及び学術交流が臨まれます。縮小松山研1.jpg

主催:神戸大学工学研究科先端膜工学センター

後援:日本膜学会・化学工学会分離プロセス部会膜工学分科会・先端膜工学研究推進機構・神戸国際観光コンベンション協会