木村建次郎教授(数理・データ)らの研究グループが開発した防犯システムが日経産業新聞に掲載されました(2019.10.1)

木村教授と、木村教授が創業した神戸大学発ベンチャー企業(株)Integral Geometry Scienceが研究開発している防犯システム、スーパーセキュリティーゲートが日経産業新聞(2019.10.1)の9面に掲載されました。

銃器や刃物を高感度に映像化、検知するシステムを開発しました。
不特定多数が通行するセキュリティーゲートに応用することで、安心安全な社会の実現を可能にすることが期待されています。

日経産業新聞 2019年10月1日(火) 12142号9面掲載 『磁気で危険物検知 高精度に』