木村建次郎教授(数理・データ)創業の(株)IGSが世界初のマイクロ波マンモグラフィの開発に成功し、厚生労働省先駆け審査指定制度に採択されたことが日刊工業新聞に掲載されました(2019.6.4)

木村教授が創業した神戸大学発のスタートアップ(株)Integral Geometry Science が世界初のマイクロ波マンモグラフィの開発に成功し、厚生労働省先駆け審査指定制度に採択されたことが日刊工業新聞(2019年6月4日) 3面に掲載されました。

現行の世界標準であるX線マンモグラフィが適用できない高濃度乳房をもつ多くの女性にとって、乳がんの早期発見に資する重要な発明として注目されています。本技術は、高濃乳房に適用可能で被爆せず、検査時の痛みなく造影剤を使用せず、両胸乳房全体を再現よく3次元映像化可能で、今後世界的な普及が期待されます。

日刊工業新聞 2019年6月4日(火) 23145号3面掲載
『乳がん発見を高精度にIGSマイクロ波マンモグラフィ実用化へ』
(電子版URL) https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00518993/