木村建次郎(数理・データ)研究室グループの研究成果である世界初のマイクロ波マンモグラフィのプロトタイプ機が完成、学長定例記者会見を行い全国266のメディアで報道されました

木村建次郎研究室グループの研究成果である世界初マイクロ波マンモグラフィのプロトタイプ機が完成し、2019年9月13日学長定例記者会見を行いました。会見の様子、研究内容について計266の報道媒体で紹介されました。
・NHK(おはよう日本、NHK兵庫、Live Loveひょうご、兵庫ニュース845)
・関西テレビ(報道ランナー)
・朝日新聞1面、毎日新聞1面、神戸新聞1面
・共同通信・時事通信・読売新聞・日経メディカル・日経X-tech・日刊工業新聞 等 新聞27社
・Yahoo!ニュース・gooニュース 等 232社
・女性自身

20191101-1.jpg 20191101-2.jpg 20191101-3.jpg

木村教授らは応用数学上の未来解決問題"波動散乱の逆問題"を解析的に解乳がん検診を革新する世界初の画像診断システム、マイクロ波マンモグラフィのプロトタイプ機を開発しました。微弱な電波によって乳がんを可視化するマイクロ波マンモグラフィは、従来技術では画像化が不可能だった高濃度乳房の腫瘍も診断可能な技術として注目されています。この度、近く開始予定の治験と装置の製造、世界展開を加速するため、神戸大学発スタートアップ株式会社 Integral Geomerty Science(以下(株)IGS)は、協力企業・医療機関・投資ファンドを対象に第三者割当増資を行いました。(株)IGSと出資企業・団体は連携し、全世界での普及を目指します。乳がん死を大幅に減らし、女性の健康を守る新技術の概要と今後の事業計画について記者会見を行い、266社の報道媒体で紹介されました。なお、プロトタイプ機は日本医療研究開発機構(AMED)医療分野研究成果展開事業先端計測分析技術・機器開発プログラムにおける研究成果を活用しました。

【関連リンク】
株式会社Integral Geometry Science
木村建次郎(KIMURA Kenjiro)―「透視の科学」で人類に貢献を 乳がん検診を革新する技術開発
PRTIMES 株式会社Integral Geometry Science
女性自身
日経メディカル
日経X-tech
第1回日本医療研究開発大賞 日本医療研究開発機構(AMED)理事賞について
平成31年(令和元年)度 「医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)」の採択課題について
凸版印刷株式会社
第一生命 (株)IGSへ投資します
(株)IGSとの業務・資本提携に関するお知らせ~乳がん検診を革新する世界初の画像化技術と革新的サイバニクス技術のコラボ
【インパクト投資】(株)IGSへの投資~世界初となる高精度の乳がん診断システムによる乳がん死亡率低減への貢献~
乳がん早期発見に貢献―世界初マイクロ波マンモグラフィを公開
神戸大学数理・データサイエンスセンター