研究プロジェクト

先端膜工学研究

研究プロジェクト・リーダー

松山 秀人

研究の概要

近年の急激な気候変動や地球温暖化現象は、産業革命以降の急激な大気中CO2濃度増大に起因すると考えられている。本研究プロジェクトは、「膜工学」と「物質・材料科学」を融合することで機能性CO2分離膜の創製し、革新的なCO2分離プロセスを実現する世界トップレベルの研究拠点形成を実現することを目的としている。

CO2削減技術の開発は人類の持続的発展に不可欠な人類共通の課題であり、世界中で研究が進められている。火力発電所や化学プロセスから排出されるCO2を分離し、回収できれば、大気中CO2濃度の上昇を大幅に低減することが可能となるため、CO2分離回収技術の開発は喫緊の課題と位置づけられ、様々な研究開発が進められている。中でも、CO2を選択的に透過するCO2分離膜は、既存CO2分離法である吸収法などに比べてエネルギー効率、体積効率が高いプロセスを実現できる技術として注目されており、コンパクトで省エネルギーなCO2分離回収プロセスを実現できる可能性が極めて高い。

本研究では、今後需要が増大することが予想される次世代型石炭火力発電の燃焼前燃料ガスや、CO2排出量が少ない一次エネルギーである天然ガス精製プロセスなどの高圧ガスプロセスに対しても適用可能なCO2選択分離膜の開発を行う。膜分離法を高圧雰囲気でのCO2分離に適用できれば、高圧プロセスだけでなく、既存火力発電所排ガスの脱炭酸やバイオガス精製などの常圧プロセスを含めた、従来のCO2分離設備の諸問題は全て解決できることが期待される。

本プロジェクトでは、膜工学、有機化学、高分子材料工学、無機材料工学、プロセス工学等の様々な学術分野の研究者を結集し、分子デザインや材料合成等の基礎研究から製膜プロセスや脱炭酸プロセスに関する応用研究まで、分野を横断する研究を実施することで、高性能なCO2分離膜の創製と高効率CO2分離回収プロセスの実現を目指す。

構成員

<
氏名 職名 所属・専攻
研究プロジェクト
リーダー
松山 秀人 教授 先端膜工学研究センター
研究分担者 蔵岡 孝治 教授 海事科学研究科海事科学専攻
吉岡 朋久 教授 先端膜工学研究センター
中川 敬三 准教授 科学技術イノベーション研究科
神尾 英治 准教授 工学研究科応用化学専攻
研究参画者 市橋 祐一 准教授 工学研究科応用化学専攻
谷屋 啓太 助教 工学研究科応用化学専攻
新谷 卓司 特命教授 科学技術イノベーション研究科
松岡 淳 助教 先端膜工学研究センター
熊谷 和夫 特命准教授 工学研究科応用化学専攻
Rajabzadeh Kahnamouei Saeid 特命准教授 工学研究科応用化学専攻
Stephen Gray 教授 Victoria University,Institute for Sustainable Industries and Liveable Cities,Australia
King Lun Yeung 教授 The Hong Kong University of Science andTechnology,Department of Chemical and Biological Engineering,Hong Kong
Yong Soo Kang 教授 Hanyang University・Department of Energy Engineering,Korea
Xiao-Ling Wang 教授 Tsinghua University・Department of Chemical Engineering,China
Bao-Guo Wang 教授 Tsinghua University・Department of Chemical Engineering ,China
Da-Ming Wang 教授 National Taiwan University・Department of Chemical Engineering, Taiwan
Kueir-Rarn Lee 教授 Chung Yuan Christian University,Departmet of Chemical Engineering,Taiwan
Hokyong Shon 教授 University of Technology Sydney,School of Civil and Environmental Engineering,Australia

研究の概念図

先端膜工学研究プロジェクトの概念図

研究プロジェクト一覧へ