過去の取り組み

大学院 自然科学研究科

40研究プロジェクト ※平成20年度終了

神戸大学自然科学系では、自然科学研究科第2次改組(平成9 年度)を契機として、研究分野を特化し先端分野を切り拓くことを目的としたプロジェクト研究体制の構築を行いました。この体制の中で、5年~ 7年を標準年限として、現在40のプロジェクト研究が進行しており、神戸大学の自然科学系の教育研究の活性化に大きく寄与しています。平成16~ 17年度には各研究プロジェクトの中間発表会を開催し、翌平成17~18年度には外部評価を実施しました。このプロジェクト研究は、先端融合研究環の枠組みの中で継続的に展開します。

21世紀COEプログラム ※平成19年度終了

「21世紀COEプログラム」は、世界的な教育研究拠点の形成を重点的に支援し、国際競争力のある世界最高水準の大学づくりを推進するために、文部科学省が学問分野別に選定したプログラムです。神戸大学の自然科学系では、平成14 年度から1 拠点、平成15年度から2拠点がこのプログラムに参画しています。現在継続中の2つの21世紀COEプログラムは、先端融合研究環の活動と協調しつつ研究を推進しています。

平成15年度採択

  • 惑星系の起源と進化
    拠点リーダー:向井 正 教授
    分野名:数学、物理学、地球科学
  • 安全と共生のための都市空間デザイン戦略
    拠点リーダー:重村 力 教授
    分野名:機械、土木、建築、その他工学

平成14年度採択

  • 蛋白質のシグナル伝達機能
    拠点リーダー:吉川 潮(バイオシグナル研究センター・教授)
    分野名:生命科学

自然科学系先端融合研究環

グローバルCOEプログラム ※平成24年度終了

我が国の大学院の教育研究機能の一層の充実・強化を図り、国際的に卓越した研究基盤の下で世界をリードする創造的な人材育成を図るため、国際的に卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援し、もって、国際競争力ある大学づくりを推進することを目的とする事業です。先端融合研究環関連では以下のプログラムが採択されています。

平成20年度採択

  • 次世代シグナル伝達医学の教育研究国際拠点
    リーダー:東 健(医学研究科・教授)
    分野名:医学系
  • 惑星科学国際教育研究拠点の構築
    リーダー:中川 義次(理学研究科・教授)
    分野名:数学、物理学、地球科学

平成19年度採択

  • 統合的膜生物学の国際教育研究拠点
    リーダー:片岡 徹(医学研究科・教授)
    分野名:生命科学

22重点研究チーム ※平成25年度終了

先端融合研究環では、神戸大学の自然科学系における重点分野で先端的な研究を核として、22の重点研究チームを編成しました。
この重点研究チームは、世界的な教育研究拠点(人材育成の場としてのCOE)として国際的にも真に評価される拠点の確立のために、「グローバルCOE」の計画を検討し推進するための核としての役割を果たします。
また、自然科学系の5研究科(理学、工学、システム情報学、農学、海事科学の各研究科)の共通授業科目として「先端融合科学特論」を開講し、先端融合領域の研究成果を研究科の教育にフィードバックする教育上の役割も担っています。

19重点研究チーム

自然科学系先端融合研究環では、神戸大学の自然科学系における重点分野で先端的な教育研究を切り拓いている研究を核として、19の重点研究チームを編成しました。この重点研究チームは、国際的にも真に評価される世界的教育研究拠点を形成するための核としての役割を果たします。
また、自然科学系の5研究科(理学、工学、システム情報学、農学、海事科学の各研究科)の共通授業科目として「先端融合科学特論」を開講し、先端融合領域の研究成果を研究科の教育にフィードバックする教育上の役割も担っています。

自然科学系先端融合研究環のデータ

重点研究チーム年次報告書

平成27年度 平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度

ファクトブック

ファクトブックⅠ ファクトブックⅡ ファクトブックⅢ