研究プロジェクト

多細胞生物の構築原理と保障機構

研究プロジェクト・リーダー

井上 邦夫 教授

研究の概要

多細胞生物は、機能特化した多彩な細胞種や組織・器官から成り、それぞれの生物種に特徴的な複雑な形態を有しているが、多細胞生物種間には、動物と植物の間も含め、多くの共通な構築原理が存在することが示唆される。

本研究プロジェクトでは、小型魚類(ゼブラフィッシュ・メダカ)、線虫、ショウジョウバエ、ニワトリ胚、哺乳類の培養細胞、シロイヌナズナやコムギなど、幅広いモデル実験材料を用い、それぞれの実験材料の特性・利点を活かしつつ、分子生物学、発生生物学、遺伝学、ゲノム編集技術などの手法を駆使して、多細胞生物がゲノム情報やエピゲノム情報の時空間的制御によって形成される構築原理やその保障機構について、進化的な共通性や多様性も含めて解明を進めていく。本プロジェクト構成メンバーがこれまで先導してきたRNA情報発現、非コードRNA、小ペプチド、DNA修復、エピゲノム研究などにおける強みを活かして、生命科学の従来型セントラルドグマの枠を越えた新たなパラダイムの提示を目指すチャレンジングで先端的な研究を推進する。さらに、得られた成果を踏まえ、ヒト疾患・癌化の発症機構や、植物・微生物相互作用による感染症成立機構、栽培植物の進化機構などの研究にも展開したい。

構成員

                  
氏名 職名 所属・専攻
研究プロジェクト・リーダー 井上 邦夫 教授 理学研究科・生物学専攻
研究分担者 深城 英弘 教授 理学研究科・生物学専攻
菅澤 薫 教授 バイオシグナル総合研究センター、
理学研究科・生物学専攻
中屋敷 均 教授 農学研究科・生命機能科学専攻
宅見 薫雄 教授 農学研究科・生命機能科学専攻
研究参画者 影山 裕二 准教授 バイオシグナル総合研究センター、
理学研究科・生物学専攻
横井 雅幸 准教授 バイオシグナル総合研究センター、
理学研究科・生物学専攻
酒井 恒 助教 バイオシグナル総合研究センター、
理学研究科・生物学専攻
松花 沙織 特命助教 理学研究科・生物学専攻
浦 聖恵 教授 千葉大学
工樂 樹洋 ユニットリーダー 理化学研究所
CHO Ken WY. Professor UC Irvine
星島 一幸 Director University of Utah
BENNETT Malcolm Professor University of Nottingham
THOMÄ Nicolas H. Group Leader Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research
LIN Nai Chun Assistant Professor National Taiwan University

多細胞生物の構築原理と保障機構