研究プロジェクト

資源動物のシグナル伝達制御に関する研究

研究プロジェクト・リーダー

吉川 潮 教授

研究の概要

生命科学領域では、細胞から実験動物の個体レベルに至る遺伝子操作、ライブイメージング、顕微操作などの画期的な解析手法が開発され、哺乳動物における様々な生命現象の仕組みが解明されつつある。これらの技術や知見を導入して斬新な資源動物の生産法を開発することは農業・食品産業の成長に資すると考えられる。本研究プロジェクトの目的は、先行した2研究チーム「蛋白質のシグナル伝達機能研究」と「ゲノム育種研究」の流れを継承し、異分野のメンバーが連携して、哺乳動物の「生殖腺分化、減数分裂、受精、発生、個体形成(モデルとしての培養細胞やマウス、資源動物の生産・育種・栄養管理を含む)」に関して、シグナル伝達の視点を含めた多彩な観点で基礎から応用に至る下記の研究を相互に連携しながら進展させ、資源動物での生命現象の解明およびそれに基づく新規な資源動物生産法の研究開発拠点を構築することである。

A) 培養細胞、遺伝子改変マウス、突然変異マウスを用いた広い視野からの基礎研究と実験技術の進展開発
B) マウスおよび資源動物における生殖細胞の形成、成熟、受精および発生、ならびに器官・臓器の形成を制御する分子機構に関する基礎研究
C) 資源動物における個体形成、形質、繁殖能力に関与する遺伝子・タンパク質の発見と利用に関する応用研究

構成員

                        
氏名 職名 所属・専攻
研究プロジェクト・リーダー 吉川 潮 教授 バイオシグナル総合研究センター、
農学研究科・資源生命科学専攻
研究分担者 宮野 隆 教授 農学研究科・資源生命科学専攻
原山 洋 教授 農学研究科・資源生命科学専攻
万年 英之 教授 農学研究科・資源生命科学専攻
星 信彦 教授 先端融合研究環
本田 和久 准教授 農学研究科・資源生命科学専攻
大山 憲二 教授 農学研究科附属食資源教育研究センター
研究参画者 鎌田 真司 教授 バイオシグナル総合研究センター、
理学研究科・生物学専攻
齋藤 尚亮 教授 バイオシグナル総合研究センター、
医学研究科・医科学専攻
李 智博 准教授 農学研究科・資源生命科学専攻
笹崎 晋史 准教授 農学研究科・資源生命科学専攻
上山 健彦 准教授 バイオシグナル総合研究センター
中嶋 昭雄 准教授 バイオシグナル総合研究センター
本多 健 助教 農学研究科・資源生命科学専攻
福島 護之 所長 兵庫県立農林水産技術総合センター・北部農業技術センター
北島 智也 チームリーダー 理化学研究所
伊川 正人 教授 大阪大学
FULKA Josef Jr. Senior Scientist Institute of Animal Science, Prague, Czech Republic
MASANGKAY Joseph Saavedra Professor Emeritus University of the Philippines

研究の概念図

資源動物のシグナル伝達研究

図1:チーム活動の全体像
タンパク質から遺伝子改変マウスに至る広い視野からの基礎研究と実験技術の進展開発、ならびに生殖細胞、器官・臓器での生命現象の検討から資源動物の個体・集団の研究と利用・評価に関する幅広い研究を実施する。


資源動物のシグナル伝達研究

図2:チームの取り組みにより目指すゴール
本チームの形成により、様々な分野の研究者が連携して学際的な共同研究を行い、ウシ(特に黒毛和種)のバイオテクノロジー研究拠点の創設を目指す。