研究プロジェクト

津波災害の解析と安全システム構築に関する研究

研究プロジェクト・リーダー

西尾 茂 教授

研究の概要

本研究は、津波に起因する災害の防止と被害低減につながる要素技術の確立を目指すとともに、工学と数理科学の発展的融合により新たな学術研究分野の開拓を行う。これにより、多目的応用研究の充実を図り、海事災害科学にかかる拠点形成に挑戦する。

本研究プロジェクトでは、次に示す災害科学関連 8 分野についての研究推進を行う。

  1. 津波の伝播と陸域への遡上の解析:津波の発生から沿岸域までの伝播と陸域への遡上の推定と検証を行う。これにより、個別地域での被害想定と安全システム構築の基盤を提供する。
  2. 緊急避難対策の開発:津波の検知から来襲までの限られた時間内における船舶の緊急避難法の確立と提言を行う。
  3. 船舶挙動解析:津波来襲時に生じる係留/停泊船舶の漂流や座礁、転覆が引き起こす陸域への新たな被害や危険性の把握のため、陸域への漂流物の挙動解析法の高度化と精度検証を行う。
  4. 構造物耐力の評価:船舶などの漂流物と陸上構造物の衝突および構造物破壊の解析とリスク評価を行う。
  5. ハザード情報の伝達と統合:津波ならびに避難情報の伝達と動的情報としての統合システムの開発を行う。
  6. 救助/救援経路探索:災害時の交通網の制御と最適経路の探索と最適化に関する数理科学手法の開発を行う。通常の交通システムにおいて部分的障害が発生した時の対応を中心に検討する。
  7. 環境インパクト評価:津波の直接的な生態系破壊や中/大型漂流物の遺棄による環境へのインパクト評価を行う。
  8. 耐津波港湾システムの開発:港湾の耐津波強度解析、被害軽減化に向けた対策の検討、システムの開発を行う。

構成員

氏名 職名 所属・専攻
研究プロジェクト・リーダー 西尾 茂 教授 海事科学研究科・海事科学専攻
阿部 晃久 教授 海事科学研究科・海事科学専攻
平山 勝敏 教授 海事科学研究科・海事科学専攻
竹林 幹雄 教授 海事科学研究科・海事科学専攻
勝井 辰博 准教授 海事科学研究科・海事科学専攻
橋本 博公 准教授 海事科学研究科・海事科学専攻
林 美鶴 准教授 内海域環境教育研究センター
研究参画者 田中 直樹 教授 海事科学研究科・海事科学専攻
飯塚 敦 教授 都市安全研究センター
横川 三津夫 教授 先端融合研究環
藤本 昌志 准教授 海事科学研究科・海事科学専攻
中田 聡史 特命助教 海事科学研究科・海事科学専攻
越村 俊一 教授 東北大学
上月 康則 教授 徳島大学
INCECIK Atilla Mustafa 教授 Strathclyde University
KAWAGUCHI Akira 教授 New York City University
NOH Yign 教授 延世大学

研究の概念図

地震/津波の発生と災害の経過

図1 地震/津波の発生と災害の経過:
地震と津波の発生に伴う大規模災害の発生と復旧・復興に至る過程および経過は、対象とするイベントごとに時間スケールが大きく異なる。本取組みでは、津波発生直後の数時間のスケールで検討すべき事由発生から、復旧に至る約 1 年後までの様々なイベントに対して、工学・数理科学・環境科学の総合的な見地から被害予測と安全システムの構築を目指す。


東南海沖地震による津波の発生と伝播のシミュレーションの一例

図2 東南海沖地震による津波の発生と伝播のシミュレーションの一例:
日本沿岸域への津波来襲までの時間と津波高さの予測を数値計算により行う。東南海地震による津波では、東海地方から四国、九州沿岸まで広い範囲での津波の被害が予想されている。